TOP>コミュニティカウンセラーとは

家庭や学校、職場、地域社会、そして被災地・避難地などにおいて、周囲の人々を支え、
必要に応じて心の応急手当(プライマリケア)を行う最小限の訓練を受けた市民のプチカウンセラーです。

私たちは身体に傷を負ったり、病気になった時、手当てをしてもらったり、病院に行ったりします。
それと同時に、心の傷やストレスにも予防や早期の手当てがとても大切なのです。

学校や会社でつらいことがあったとしても、帰宅してから翌朝までの間に、家族に支えられて「癒しと安心」が得られたら、
私たちはまた元気を取り戻し、「心と身体の健康」を維持していけるのです。
コミュニティ・カウンセラー・ネットワークはそんな「安心・安全」な地域環境づくりに貢献することを目指しています!

自分のつらい気持、苦しさを安心して話せる人が家庭やコミュニティーにいるとしたら、
どんなに人は勇気づけられることでしょうか。

つらい出来事による心の被災を最小限にくいとめる「心の安全地帯」が家庭に、学校に、会社に、地域に数多くできたら、
自殺や虐待などの悲しい出来事を早期発見したり、予防することが可能になるのです。

トップへ

法人情報
理念
概要
沿革

一般社団法人
コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク

COPYRIGHT © Community Counselor Network Association All RIGHTS RESERVED