TOP>コミュニティカウンセラーになるには

コミュニティカウンセラー養成講座(全日程で16時間)の講習を修了された方は
一般社団法人コミュニティ・カウンセラー・ネットワークから「コミュニティカウンセラー」として認証され、
コミュニティ・カウンセラー・ネットワークの活動に参加することができます。

ネットワークではメンバー同士の活動や交流、新たな助け合いの場が続々とうまれています。
コミュニティ・カウンセラーが地域で行う多様な活動によって、深刻な状態への移行も未然に防ぐことができて、
メディアからも活動が注目されるようになっています。

講習には心理学や生理学、認知行動療法なども含まれていますが、ゲームのような楽しいワークを数多く取り入れて、
年齢・経験に関わらず、どなたでも楽しく無理なく学べる講習内容になっています。
ぜひ、お気軽にご参加ください。



自己理解とストレスのセルフケア

ストレスが心身に与える影響やダメージとは?私たちの心身はなぜ、緊張・疲労・不安などにさらされ続けてしまうのか? ストレスに対処するにはどうしたらよいか?…
ストレスと上手に付き合えて、生活習慣のように日々の生活に取り入れられる「ゴジラハリスサ」など、ストレスマネジメントの真髄をわかりやすく学べます。

リラクゼーションの理論と技

身体と行動と思考の関係とは?私たちが無意識で行っている行動には、意外な関係が隠されています。
斬新的筋弛緩法、自立訓練法、明るい溜息法、ペアリラクゼーション、3210リラクゼーション法など、基本的なリラクゼーション技法を、 簡単なワークを取り入れながら楽しく学んでいきます。

カウンセリングの心

カウンセリングの父とも呼ばれるカール・ロジャースの「クライエント中心療法」を中心に、「一致」、「共感的理解」、「無条件の肯定的関心」といった、 支援者として他者とかかわり、援助するときの基本的態度を学びます。

コミュニケーション演習

人はノンバーバル(言葉を使わない)な動作からも多くの情報を得ています。自分の普段の動作・表情に気づいたり、多様な表現法を学びます。 カウンセラーに必要な「傾聴」、「質問」のスキル、ストレスフリーの伝達術が習得できるワーク中心の演習です。

心の応急手当

21世紀型の心のケアであるサイコロジカル・ファーストエイドを学びます。
これには心の安全を最も大切した考え方とそれに基づいた手法が含まれます。
"ファースト"には"一番大切な"という意味が込められていて、コミュニティカウンセラーの活動の基本です。

コミュニティカウンセラーの倫理

個人情報や相談内容などの守秘義務、対象者の尊厳を守る、自他の区別など、
コミュニティカウンセラーとして大切な倫理要綱を学びます。

コミュニティカウンセラーの基本的な4つの使命についても詳しく紹介していきます。
1.みまもる
2.きづく
3.かかわる(心理療法はおこなわない)
4.つなぐ

特論(家庭・学校・地域向け/被災地向け 他)

様々な環境や状況に合わせたカウンセリング技法についての特別講習です。

トップへ

法人情報
理念
概要
沿革

一般社団法人
コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク

COPYRIGHT © Community Counselor Network Association All RIGHTS RESERVED